>

ツルツルの手をゲット!秘密は就寝時のケアにあり?

手袋ケアの有効性

ケア方法を大公開

ハンドケアをしたいけれど常に指先を使っているので難しい。そんな方にぴったりのケアが手袋を使った方法です。保護成分のある手袋を装着して就寝するだけなので寝ながらケアが出来ます。翌朝にはカサつきが緩和されてツルツルの手先が入るといわれています。

ハンドクリームを併用すると更に効果的なので忙しい方やズボラな方から支持を得ているハンドケアといえるでしょう。手袋を使ったケアは手指の熱を使ったケアなので、コスパが良いだけでは無く自然な方法なのでトラブルが少ないのも大きなメリットです。

その為ハンドクリームが合わない、または出来るだけ自然なケアを試したい方にもおすすめの方法です。さっそく今日から手袋を使ったケアをしてみませんか?

どんな手袋を選べばいいの?

手袋といっても種類は様々で、どのタイプがケアに良いのか分からないケースもあるでしょう。ツルツルとした肌触りで保湿効果の高いシルク製の手袋は就寝時のハンドケアにぴったりです。シルクには複数のアミノ酸が含まれているので、肌ざわりも気持ち良くしっかりと保湿してくれます。

安価で通気性が良い布製は汗をかきやすい方に向いています。麻を使った手袋はややゴワゴワしていますが、使っていく内に肌に馴染んでいくので一度使うと手放せません。

スマホ操作をする方には指先に導電性繊維を使っているタイプが良いです。または自分で指先をカットする方もいます。手袋をはめたまま画面操作が出来るのでストレス無くハンドケアが可能となります。



ページ
Topへ